会社概要

会社概要

菓匠三全のこだわり

お客さまにご満足いただけるお菓子づくり

私ども≪菓匠三全≫は、昭和22年の創業以来 60余年にわたり、"お客さまに ご満足いただけるお菓子づくり"を目指して、社業に励んで参りました。お客様の心の琴線にふれる おいしいお菓子は、まずは作り手である私たち自身を磨き、お菓子を愛する心、お客様に和んでいただけるまごころをお菓子づくりにこめることで実を結ぶものと、社員一同、肝に銘じて日々精進してまいります。

仙台の歴史に思いを馳せ、蔵王山麓の豊かな四季の恵みに感謝しつつ、新たな味づくりを進めております。お菓子の製造・販売を通じて、さらなるお菓子文化の創造をめざすとともに、地域文化の発展のお役に立てれば 幸いに存じます。

時代を吸収する"お菓子"づくりをめざして

技と工夫の限りをつくして、心のゆとりの象徴ともいえる お菓子を生みだし続けてきた日本のお菓子の歴史。それは、お菓子文化と呼ぶにふさわしい、先人たちの"知"の結晶とも言えましょう。

≪菓匠三全≫は、このお菓子文化の流れを汲み、現代の食文化の中で求められる、味わい深くエスプリのきいたお菓子を生みだすべく、和菓子、洋菓子の領域にこだわることなく、時代を吸収する新しい味の境地を開こうと 希望に燃えております。

一つひとつのお菓子に託す≪菓匠三全≫の心

お菓子──その名を耳で楽しみ、その形、色を眼で味わい、香り、味を心で聞く。すると、心にやさしい光がさしこみ、豊かな気持ちになってまいります。お菓子には人々の心を和ませ、語らいの場、団らんの場を創りだす温かい力があります。

≪菓匠三全≫は、このお菓子がかもしだす優しさを真摯にみつめてまいります。よりよい素材を選びぬく眼、素材を活かす技の極み、お菓子を包む彩り豊かなパッケージ・・・

それらすべてに、いつも変らぬ おいしさをこめてまいりたい──私どものお菓子には そんな願いが宿ってほしい。素材選び、技術、思いやりなどが、おいしさの感動となってあらわれているならば 幸いです。

味に、包装に、店舗に、≪菓匠三全≫の主張を込めて

お菓子を通じて、暮らしに新鮮な感動をおくり続けたい──そんな≪菓匠三全≫の願いを、味はもちろんパッケージに、店舗に、様々な形で表現しております。≪菓匠三全≫の店舗に立ち寄られた時から、すでに おいしさのストーリーは始まっています。

お菓子を目にした時の心のやすらぎ、お菓子を手にした時のときめきを大切にしながら、お菓子一つひとつにふさわしいパッケージや 店舗のディスプレイ、販売員一人ひとりの接客にも、おいしさの演出を心がけております。これらの積み重ねで、作り手がお菓子にこめたまごころを大切にお届けできるのです。

暮らしに うるおいと楽しさを

お菓子は、私たちの暮らしに うるおいと楽しさを もたらしたいという 作り手の願いが結晶したものです。みんなを楽しませたいという、お菓子作りの その心の広がりの中で、さまざまなイベントが実を結んでおります。

仙台の街に ひときわ爽やかな風が吹き抜ける季節の"青葉まつり"。≪菓匠三全≫は、100名を越える社員が、青葉駒山鉾を引き、舞い、踊り、萩太鼓の小気味良いリズムに乗りながら中心街を巡行いたします。仙台市野草園の"萩まつり"のお手伝いや、"仙台クラシックフェスティバル"、"仙台七夕"、"みちのくYOSAKOIまつり"、"光のページェント"への協賛を通して、暮らしが豊かに彩られる ひとときを生みだそうと、さまざまな試みにチャレンジしております。